光メタトロンとともに分岐究極した闇メタトロン。
こちらもLSが光メタ程ではないが変わって、今までとは一味違うキャラになった。
C8KP_y6VwAILHom
LSに落ちコンしなくなるがついて神タイプ全パラ1.5倍、闇メタだけの最大の特徴が
HP80%以下で神タイプ6倍という完全神縛り仕様闇狆とは相性が悪い。
7コンボ2倍は無視して闇で神タイプの列持ちを集めた。 
image
【本アカ側】
LSに80%以下制限があるので自傷スキルを持つキャラを入れたい。
ドゥルガーは自傷の中ではスキルTがわりと早い方なので採用。
後は神タイプで闇列複数持ちの転生パンドラ、転生ロキ、闇ハク
闇メタには木属性だが自傷キャラの相良左之助3025を継承。これが役立つ。
こいつのスキルがHP50%になるが防御力を0にして10万の木属性ダメージ
というもので、タンやピィみたいなのが出ても安心。

【サブアカ側】
こちらには良さそうな自傷キャラがいないので神の列タイプで
副属性木のペルセポネ、超究極パンドラ、グレモリーと指確保のため転生ヨミ

これでどっちみち落ちコンなし
チャレンジダンジョンLv.8に挑戦。
image
早速自傷がないとどうしようもないキャラが出た。
まず左之助を使いHPを減らしたあと闇を増やして1列+数コンボで100万弱。
結構強いが狆には闇メタのLSは全く乗ってないので弱い。
image
エンハを使わないと削りきれなさそうだったので、ロキのエンハ使用で突破。
ここでスキルを使いまくったのがアダとなり…
image
続いての根性持ちのリーザで思い切ってスキルが使えず、半端に残してしまい…
image
お邪魔と火を毎T作ってきて何も出来ずにゲームオーバー。

image
さすがに試しで行くのにチャレダンLv.8は難易度高すぎた。
80%の制限があるので、スキルを使うタイミングとHP管理が超重要。
敵の特徴と受けるダメージ、残るHPを綿密に考えていかなければいけない。

闇を作るキャラのスキルが枯渇して溜まりきらなかったのが原因でもあるので、
エンハはドゥルガーに任せて、ロキに変えスキルマ5Tの闇ヴァルを採用。
これでゼウス・マーキュリーに行ってみた。

image
まず最初にドゥルガーでHPを1にする。
image
闇が6個あるのでこれで1列組んで残りでコンボを組めば倒せる。

そして2Fでは…
image
次に水のナイトがHPを満タンにしてくれるが、1発受けてもそれほど減らないので
左之助を使ってHPを50%にする。
image
その後の10万木属性ダメージが相手で倍になって余裕で倒せる。

ただスムーズにいけるのはここまで。この後はいつもの耐久が続くww
image
闇吸収があるので真ん中を1パンしたあとはひたすら耐える。
回復しすぎないように、かつ減らされ過ぎないように調整。
image
普通に攻撃すればなぜか闇で左(吸収)、副属性で右を攻撃するので
4つ以上で消さなければ右が死ぬ。そのうち闇吸収が切れて左が死ぬ。
image
あとは普通に倒していく。闇1列で火力はこの程度。
image
80%以下を保っていればだいたいラクに倒せる。
image
減らしすぎてもまずいので時には闇メタの軽減を使いながら
HP80%を保って倒していく。
image
ネプチューンの毒を残しておけば回復させられてもなんとかなるが、
今回は毒で削らなくてもよかった。
image
ボスのマーキュリーでは初っ端から残りのスキル全開で勝負をかける。
毒も組めば7コンボできるがコワイので毒は組まずに闇2列組む。
image
火を2コンボ組むのに失敗して闇2列6コンボ止まりで火力は3~400万

強いのは強いがものすごい難しいキャラだと思った。
スキルを使うタイミングやHP調整、受けるダメージとギミックを
綿密に考えてしっかり構築していかないと、不慮の事故に弱い。
とてもシビアなので今後はサブとして活躍していただきたいw


闇メタトロンの良いところ

・落ちコンしないので火力の調整がしやすく、高ダメ吸収は相手しやすそう。
・普通はデメリットの自傷スキルをメリットにできる。
・全パラ1.5倍なのでHP・回復があがり、耐久はしやすい。


闇メタトロンのイマイチなところ

・80%制限が足かせすぎる。自傷スキルがないと
 1Fでベイツールのように○カウント後即死みたいなキャラに勝てない。
・綿密で繊細なHP調整必須。
・攻撃したいタイミングで闇ドロップ6個以上ないと
 途端にピンチになるのでドロップ管理も必要。
・完全な神タイプ縛りなので狆とは相性が悪い。