狆龍のパズドラ挑戦記録

狆の愛娘がいるパズドラ好きの下に現れた犬龍「チンバウドラ」「チンワンドラ」をリーダーに
全ステージノーコンクリアとパズドラ界一の愛狆家を目指すパズドラ挑戦記録。

カテゴリ:コラボ > マクドナルド

なかなか出にくかったマクドメタドラも第3Rを達成したので
★7確定ガチャが2回引けることになった。ありがたや…

早速1回め。
IMG_20180831_151617
ダイヤは確定。

IMG_20190428_195445
オイフェ…3体目。
今までゴールドは結構良いのが出てたが、ここに来て失速。

もしや逆にメタルの方に良い流れが!?

IMG_20190428_195536
甘寧…2体目。
悪いキャラではないのだが。

まあただガチャはこんなもんでしょう。


にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
↑↑↑↑ このブログ気に入った方はクリックしてください。↑↑↑↑

続いて第2Rも両方共達成。第2Rは★6確定ガチャということらしい。
ダイヤは確定として、楊貴妃信長とかのあのシリーズ?
それとも普通神の進化後とかもあり??ラインナップがないのでわからんが…

その前に!ようやくマクドナルドコットンをゲット!
IMG_20190420_182322
IMG_20190420_182253
ステはこんな感じ。
2284dc00-s
まあ超追い打ち2個は使うかは微妙だが、スキルがとにかく良い。
正方形に回復生成ということで、追い打ち確定となる。
普通に回復生成枠としてターンが重すぎて使えないが、
回復正方形スキルは唯一無二なのでどこかで出番はありそうだ。

銅3個銀3個だったのでまだマシだが、生徒手帳はさすがに断念せざるを得ず、
大量にある(ゼラ交換しなかったので)虹メダルで4個補って交換した。
IMG_20190419_213511
もういいわ…木馬でも全然良いし。覚醒も近い感じ。
4d0db77a76d65a995a254a3c494b79dc
耐性武器は何かと使うし、腐らないから良い。
「何個も作りたい」とか書いててハズい…。回るの面倒すぎる。
交換5個とか本当にダメ。2度とやらないで欲しい。

まあそれはそれとして、とにかく第2Rを引いてみましょう。まずはゴールド
IMG_20180831_151617
ダイヤは確定。
IMG_20190420_182745
シャマ━━━━(゚∀゚)━━━━シュ!!
持ってないやつでた!これは大当たり。
いいのが当たるなんて思ってなかったわ。

続いて
IMG_20190420_182855
一瞬誰かわからんかったwwww孫権
2体目で最初のやつはの孫権にしてある。こいつは転生にでもするか?
でも転生はだから育てるかっていうとそれも微妙。
まあ置いといてモンポが必要になったら売るか…。

1Rもそうだったが、ゴールドはいいけどメタルがイマイチ…
第3Rに期待しよう。

にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
↑↑↑↑ このブログ気に入った方はクリックしてください。↑↑↑↑

今回のマクドナルドコラボがいろいろとおいしい。
まだコットンは交換できていないが、プチノエルたまドラが落ちるし
マクドナルドの無料クーポンもゲットできる。

その上いつものガチャドラと同じ、ハッピーゴールドドラゴン
ハッピーメタルドラゴンを倒した数によりタダガチャが引けるとのこと。

第1R 5,000,000 レアガチャ
第2R 10,000,000 ★6確定ガチャ
第3R 20,000,000 ★7確定ガチャ

と、なかなか豪華。とりあえずまずは両方共第1R達成ということで
レアガチャ2回を引いてみた。
IMG_20190419_213708
こんな感じでメールで来る。
ガチャドラは普通のガチャドラ

レアガチャだから普通のレアガチャと同じだろうからしか出ないと思うが、
せめて持ってないキャラが出てくれればもう大成功。

IMG_20180831_151617
ぬなっ!!??ダイヤ???
image
貂蝉か…ですよねー。3体目だがまあ悪くない。
転生したときに例えばとかになって、いや衛宮士郎パに入れるため
が使いたいわーみたいな可能性もなきにしもあらずなので
回復タイプだしこれはこれでこのままおいておきたい)

ゴールドメタルを倒したのであと1回引ける。

image
まあこんなもん

IMG_20180713_193237
これが本来の姿。

まあ期間も長いことだし1000万、2000万も達成できるでしょう。
その時はまたラウンドごとに記事にしたい。
にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
↑↑↑↑ このブログ気に入った方はクリックしてください。↑↑↑↑

このページのトップヘ