「運命の三針」をもクリアした最強狆耐久パで、
かねてから何度も挑戦していた「異形の存在」
Screenshot_20190807-232347~2
しかしこの編成で行くにはどうにも運に頼るところが多すぎる。
まず1Fが5個ないと終了。
Screenshot_20190807-232426
そして2Fタケミカヅチが出た場合、キリが溜まるまで耐えるのが非常に難しい。
回復が落ちまくってくれれば全く無理ということはないが、
よほどドロップ運、落ちコン運が良くないとまず耐えられない。
Screenshot_20190807-232618
おまけに12Fマシンアテナ17Fヴァースが出た場合、
属性変化のところで対処できずに詰んでしまう。

全体を通してだが、五右衛門ツバキのようなのキツイ先制の敵がいない。
ここは火無効パより先日実装された愚地独歩を使った闇無効パの方が良さそう。
EAY13kaUYAABQAk
に変えるスキルでアリアンロッドよりスキルマが短く、どちらの狆とも組める。
スキブを2つおまけにお邪魔耐性2つ持つなど、ダンジョンボスなのに優秀過ぎる。

道中どうしても神癒の奇跡が必要なので、光狆で行く方向で考える。
やはり最初の問題は、2F属性変更スキルが溜まるまでどう耐えきるかということ。
2Fで出てくるのはタケミカヅチセルケトの2択。
セルケト闇無効で耐えられるが、タケミカヅチに備えても耐えないといけない。

パズドラの仕様であるのだが、攻撃力が乗算になるのと同じく軽減率も乗算になる。
どういうことかと言うと、リーダースキルが半減だとして覚醒で50%減にしても
合計100%防御とはならず、100×0.5×0.5で25残るので75%防御となってしまう。

逆に言えば覚醒で100%防御にできていればリーダースキルは関係ないということ。

そこで最適の相方として光の攻撃を激減する転生ヴィーナス
3269
覚醒で闇100%減ヴィーナス光75%減できれば
2Fの耐久がどちらが出ても非常にラクになる。
おまけにマシンアテナに変化した場合も神癒に頼らず耐えられる。

その他の要注意ポイントの対策を練りに練って組んだのがこのパーティー。
Screenshot_20190811-133751~2
闇軽減4個持ちマミヤハロウィントトソティス
2個持ちのでぶチョコボで計10個・70%減。
極力攻撃属性を減らしたいので(潜在たまドラを削りすぎないように)
本来ハロウィントトソティス2体が良いのだが、マミヤはバインド解除を1個持つ。
これが非常に重要で役に立つため、マミヤを採用。

しかしマミヤはバインドを食らってしまうため、解除のことを考えれば
マミヤ2体の方が良いのだが、ハロウィントトソティス回復が作れる。
マミヤのスキルも回復があるのだが、2F耐久の回復枯渇など万一を考え、
片方はハロウィントトソティスにしておいた。

そして闇軽減2個持ちのキャラが数多くいる中ででぶチョコボの理由は
毒耐性を2個持っているから。毒耐性闇軽減を合わせ持っているのは
のキャラではでぶチョコボしかいない。

そして継承は
光狆ハオ(無効貫通と神癒は併用しないため)
マミヤヴァース(スキルマ6Tと早いから)
ハロトトソティヴァース(スキルマ6Tと早いから)
でぶチョコボヴァンクロウ(ギョロローンじゃない理由は後述)
愚地独歩エアリス武器(ここに置くしかない)
転生ヴィーナスジンオウガ武器(マシンアテナで使った次階で独歩を使いたい)

毒耐性は6個あり100%。ただし封印が80%しかないのが最大の欠点。
潜在覚醒は詳しい立ち回りとともに、マシンアテナのところで解説。
バッヂはスキブは不要なので、バインド耐性で狆がバインドされるのを防ぐ。

詳細な立ち回りは次回【立ち回り1F~12Fマシンアテナ】にて。