狆龍のパズドラ挑戦記録

狆の愛娘がいるパズドラ好きの下に現れた犬龍「チンバウドラ」「チンワンドラ」をリーダーに
全ステージノーコンクリアとパズドラ界一の愛狆家を目指すパズドラ挑戦記録。

■狆を中心に使いますが、たまーに他のパーティーも載ることがあります。
■無理のない程度に課金してます。無課金攻略ではありません。
■使用している画像に問題がありましたらご一報ください。

元々は「太鼓神・どんちゃんのパズドラ挑戦記録」でありました。

1554 



リーダースキル:光と火属性のHP2倍・攻撃2倍
スキル:どどんがどん 敵全体へランダムダメージ
Lv.MAX +297 SLv.1

なぜこのような弱キャラでいこうと思ったかというと…


最初のレアガチャがアスタロトで耐久中心になる。
↓↓↓
途中ホルスを引くもドロップ運悪すぎて常に欠損。
耐久にも行き詰まりを感じモチベなくなりかける。
↓↓↓
エンジェルやサンダルフォンでHPを増やした半耐久の回復パで
いろいろなダンジョンをクリアしている動画やブログを見て興味を持つ。
↓↓↓
その頃太鼓神の究極進化が発表され、レベルマだった光ヴァル、エキドナを活かしつつ
ホルス、イシスも活かせる。フレンドに多かったホルス、アテナ、赤ソニア、サクヤとも組める。
↓↓↓
各所でボロカス書かれていて誰も使っていなかったので
自分はこれでいこうと決める。

といった経緯でした。
そしてゴッドラッシュ、ヘララッシュもクリア、未ノーコンの超地獄もあと3つとなった時に
犬龍で狆が出ると知り、リーダースキルも大きく劣るものの、半耐久なのは変わらず
今までのノウハウがそのまま活かせることから乗り換えを決意した…ということです。


【狆龍(太鼓)の半耐久の基本的な戦法】

半耐久の戦い方は基本は「発狂点まで耐えつつ削っていき、発狂前から陣などで一気に倒す」
ということであり、根性や高ダメ吸収にはさほど苦労しません。

逆に苦手なのはリファイブなどの「高火力で1パンしないといけない」 敵や
リヴァイアサンのような「○ターン後に即死ダメージ」というヤツです。
そのため、なるべく弱点属性を突いたり、威嚇・軽減など、
ダンジョンの特性に合わせたパーティー編成を考えます。

普通のパーティーとは違い、同じキャラでリーダーフレンドはほぼありえません。
ダンジョンに合わせて「まず誰と組むか」から始まり、
そこから逆算してサブを選んでいきます。

そしてボコボコにやられて、やられたポイントを補えるサブを選び直し、
クリアを目指していくといった流れでやっております。

その代わり「バカにされるような弱キャラで強いところをノーコン」という達成感は
強キャラのテンプレパでは決して味わえないものだと思います。

有効なキャラやパーティー編成はまた追々。

 
にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
↑↑↑↑ この記事気に入った方はクリックしてください。↑↑↑↑

image

【パーティー構成】
2434 L 光狆 Lv.MAX +200 SLv.6
1117S 光パール Lv.MAX +0 SLv.MAX
 2321 S ミニばる Lv.MAX +1 SLv.MAX
 1727 S 光ヴァル Lv.MAX +10 SLv.MAX
 2127 S シェロスパーダ Lv.98 +0 SLv.MAX
 1422 F アテナ Lv.MAX +297 SLv.MAX


【ダンジョン攻略】 
1F・チビ忍者5体
光4消しで突破。

2F・風狸と河童
パールの回復変換元の水枯渇を防ぐため、
河童に水の目覚めを使わせてから光4消しで倒す。

3F・木と水の上忍
このパーティーはバインドに弱いので
先に水から倒す。闇吸収は無関係。

4F・ホウライ
なるべくスキルを溜めて倒す。

5F・戦国龍ケンシン
シェロスパーダで防御力激減させ、パール→ヴァルで
光作ってなるべく多く4消し。1パンで倒す。

6F・ヤマタケ
先制は軽減。50%までスキル溜めながら削る。
50%で攻撃2倍で1T余裕ができるので変換で4消し。

Boss ・ヤマツミ
スキル溜めながら削る。あと2Tなら光狆→ヴァル→アテナの光花火で少し削っておく。
(列が1つしかないのであまり減らせない)無効で2T溜められる。
40%以下で回復してくるので40%手前から変換で一気に削る。


【総 評】
木光だとヤマタケが不安なので光木の構成で行ってみた。
誰も覚醒の指を持っていないのでパズルが厳しい。
シェロスパーダが意外にも神タイプを持っていて随所で活躍。
でも地獄だからなんとかいけたが超地獄は厳しいかもしれない。

ヤマツミは木と回復の目覚めスキルの超有能キャラ。
これは頑張って育てたい。
 
にほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
↑↑↑↑ この記事気に入った方はクリックしてください。↑↑↑↑

このページのトップヘ